• en
  • ja
  • ko
  • cn

パラディグラ服用について

A

“問題ありません。
パラディグラ100mgの成分量はクエン酸シルデナフィル100mgになっていますので、日本人が服用する場合効きすぎてしまうことや、副作用が強く出てしまうことがあります、その際は錠剤を半分に割って服用するのが良いと言われています。。
錠剤を半分にカットするピルカッターと呼ばれるものを使用すると便利です。

A

効果が半減いたします。胃に内容物があると血液が胃に集まり、下腹部、陰茎部に十分な血液が流れなくなります。
注意書きにもあるように効果を充分に発揮させたいのなら空腹時の服用が良いです。
もし空腹に耐えられない場合は極力脂分の少ないパンやうどんのような軽めの食事に抑えておきましょう。
薬の効果が出るまで約1時間程度かかると言われていますので、体内に薬が回り始めたらそれ以降であればそれほど気にせず食事はとれます。

A

“飲酒によって血流が乱れ、陰茎部に十分な血液が流れ込まず効果が半減してしまいます。
またそもそもアルコール自体が脳を麻痺させ勃起を抑制してしまう作用があります。
どうしてもお酒を飲まないといけない場合、最低限の飲酒にとどめておくことをお勧めします、
効果が全く現れないケースもありますので。
効果を充分に発揮させたい方は飲酒自体を控えることをお勧めします。

A

“約24時間間隔をあけてください。
パラディグラの服用上限は一日一回一錠までです。
一度服用したら次の服用までは最低でも24時間ほど時間を空けましょう。
この時間を守らないと、前回服用した薬効が残り副作用が強くでたり、また場合によっては身体に悪影響を及ぼす危険があります。

A

“ニトログリセリン系の薬品または心臓病の薬(硝酸剤等)とは絶対に併用しないでください。
パラディグラを服用する場合必ず主治医の指示に従ってください。

パラディグラの作用、副作用について

A

“効果は同等です。
個人差はありますが、含有している主成分クエン酸シルデナフィルは同じなので得られる効果は同等です。
しかし近頃まれに模造品などが出てきているので、その点は充分に注意が必要です。

A

副作用はバイアグラ比べて強くありません(有効成分量が同量の場合)。
パラディグラはバイアグラと同じ有効成分(クエン酸シルデナフィル)なので、副作用に大きな差が出ることはありません。個人差がありますが主な副作用として、頭痛と顔のほてり 、腹痛、吐き気、血圧の変化などがあります。
しかし実際には副作用を感じられなかった人も多いです。
もし副作用が強く出てしまった場合は使用中止して一度医師に相談することをお勧めします。

パラディグラの利点について

A

パラディグラは価格以外にも成分検査を受け品質保証がされています。
低価格で粗悪品ということでははありません。
有効成分量が先発品(バイアグラ)同じで同効果が期待できます。
先発品バイアグラ自体は特許の関係もありとても高価な薬です。
ジェネリック医薬品のメリットは特許期限が切れた医薬品を低価格で提供できることです。
先発品バイアグラの値段を理由にED治療をあきらめていた人もジェネリックのED治療薬が出てからは気軽に手の届くものになってきています。

A

パラディグラの薬効効果すなわち持続効果時間は約4~6時間といわれています。効果時間内であれば基本的にはスムーズに勃起することが可能です。しかしあくまでED治療薬は勃起をサポートする(血流を促す)だけの効果だけなのでパラディグラを飲んでいるからといって作用時間中勝手に勃起したままということはありません。外的な要因(性的刺激)があって初めて効果が表れます。

A

生まれてくる赤ちゃんに影響がおよぶことはありません。長年の臨床試験や動物を使った実験でも、生まれてくる胎児への影響は見られませんでした。これから子供をつくろうと考えている人でも、心配なく服用することができます。むしろパラディグラの成分シルデナフィルは男性不妊を解消し、子供をつくるための薬として、期待されているほどです。ただし模造品粗悪品に関しては自身の体にも悪影響を及ぼすので購入先の選定は慎重にしなければなりません。

A

パラディグラはLife Medical USA社が販売している正規のジェネリック医薬品になります。
Life Medical USA社社は安全性、衛生面、品質管理、製造基準を徹底した医薬品販売会社で正規のジェネリック医薬品になります。

EDについて

A

“EDは、勃起が十分でないために満足な性行為が行えない状態を言い、成人男性なら多くの人に起こり得る病気です。
EDになる原因はいろいろ(心因性、器質性等)ありますが、
まずはこのサイト内のEDセルフチェックの方で一度自分がEDの可能性があるか調べてみてください。
そのうえでEDの心配がある方は一度医療機関での診察をお勧めいたします。

A

“原因となるものが改善され精神的に自信を回復すことでEDは改善されていきます。
パラディグラを服用し自信が回復すればEDを完治させることにもつながります。

A

“20代の方でもEDになる可能性は十分にあります。
原因はさまざまですが若い時期のEDの主な原因は精神的な理由が多いです。
主にストレスや不安、うつ病、自信喪失などがあげられます。
若いからといって恥ずかしがらず、病院などでしっかり診察を受けED症状が悪化する前に、
早い段階で原因を探ることが完治への近道です。

A

“現実、偽物のED治療薬は数多く海外市場に流れています。偽物は効果がないだけでなく身体へ悪影響をも及ぼす可能性があります。
安全なのはまず第一に日本国内の病院で診察、処方してもらう。
またもし個人輸入をする場合は確実な情報と知識を身につけてからの方が良いでしょう。
現在は個人輸入代行業者なども増えてきていますがインターネット上で長年運営(5年~10年以上)している信頼性のある業者もあるようです。
しかし個人輸入代行業者を利用する際は十分なリサーチをして、注文することが大切です。

A

“EDになる主な原因は糖尿病や高血圧といった生活習慣との関わりが深く、生活習慣病や高齢化に伴ってEDの症状が出てきます。
高齢化は避けられないことですが、食生活の中で油分、塩分、糖分やお酒をひかえたり肥満予防をするなど対策が必要です。
食生活や睡眠、運動など生活習慣を少しずつでも改善していくことがEDの予防にもつながります。

パラディグラ購入について

A

このサイト内のサポートの部分に購入方法(主に個人輸入)を詳しく説明しているページがございますので是非参照してみてください。

A

先発品バイアグラより低価格(1箱4錠入りで5000円~6000円程度)です。※バイアグラは1錠1500円ほどかかります。
ED治療には医療保険が適用されませんので、診療代、検査費用、お薬代などは全て患者さんの自己負担(10割)となります。
バイアグラ処方は保険適用外で費用がかさみ診察を受けられない人もいるかと思いますが、パラディグラは低価格のジェネリック医薬品ですので一度購入してみるのも良いかもしれません。